醤油の選び方とレシピ

醤油の種類と特徴を紹介します。

日本の醤油は大きくわけて5種類あります。

  • こいくち醤油
    日本全国各地で作られている、もっとも一般的な醤油です。原料の大豆と小麦粉の割合は1:1。バランスがいいので、卓上から調理まで幅広く使えます。
  • うすくち醤油
    関西生まれの淡い色合いの醤油です。こいくちより塩分が多いのが特徴。原料の大豆と小麦粉の割合は1:1。薄い色合いなので、素材の色を生かして仕上げたいときに最適です。
  • さいしこみ(再仕込)醤油
    麹を食塩水のかわりに醤油で仕込む、贅沢な味わいの醤油です。原料の大豆と小麦粉の割合は1:1。色、味、香りすべてが濃厚です。主に卓上用として使われる。
  • たまり醤油
    主に中部地方で作られる醤油で、色が濃いのが特徴です。原料のほとんどが大豆で、とろりと濃厚な味で香りが独特です。主に卓上用のほか、照り焼きや佃煮などに使われる。
  • 白醤油
    愛知県でうまれた、うすくちよりさらに薄い色合いの醤油です。原料のほとんどが小麦で、味は淡白だが甘味が強いのが特徴。色の薄さを生かして吸い物や茶わん蒸しなどの料理によく使われる。 

※ 松島屋の醤油は

  • さいしこみ醤油
  • かけ醤油、こいくち醤油
  • うすくち醤油 に分かれます。

そのなかでもそれぞれ数種類に分かれています。

それぞれの特徴、そのおすすめの使い方については、こちら【松島屋の醤油の選び方】参照下さい。

03104
マツマーケットアイテムで美味しいごはん!!
大人気の松島の麹を使ったレシピです^^
松島屋の調味料を使ったレシピ集第3弾
今、話題の塩麹レシピの続編です。
松島屋の調味料で作る簡単ごはんのご紹介です!
醤油、お酢、話題の塩麹のレシピなど!