ホームページのTOPへ

創業以来の蔵付酵母が醸す醤油

こだわりの再仕込み醤油、濃口醤油、淡口醤油

松島屋の醤油の特徴

多種類な商品ラインナップ

県産小麦をはじめ、なるべく国産原料を使用

昔ながら受け継がれてきた熟成製法を現在も採用

松江の味。松島屋の醤油

松江の味。松島屋のギフトセット

醤油ができるまで

熟成中の様子

麹作り

醤油を作るうえでの最も大切なポイントは「麹作り」です。
蒸した大豆と炒って砕いた小麦をほぼ等量ずつ混ぜて、そこに種麹を加えて「しょうゆ麹」を作ります。

発酵・熟成

しょうゆ麹に食塩水を混ぜて、アミノ酸液を混ぜてタンクに仕込みます。
原料が発酵した柔らかい固形物のことを「もろみ」といい、ときどき混ぜながら、約1年半の間、発酵・熟成させます。

搾り

約1年半熟成させた諸味を圧搾して『生しょうゆ』ができます。
加熱して殺菌したのち、清澄してから瓶詰し、検査後、商品として出荷します。